猫 カリカリ

猫のカリカリの種類と選び方

 

猫の餌でカリカリと言えば、ドライフードですよね。カリカリした食感がとてもよく、食いつきがよくなる猫もいます。飼い主さんも、見ていておいしそうだなぁと感じる事があるのではないでしょうか?そんな猫のカリカリですが、種類や選び方のコツには何があるのでしょうか?こちらをご参考ください。

 

カリカリの選び方のポイント4点

 

猫のカリカリを選ぶ時には、以下のよなポイントに注意して選んでみてください。

 

・主原料に穀物を使っていないこと
・表示の味と主原料が適合しているか?
・無添加のものを選ぶ
・素材そのものを使用しているか?

 

カリカリを選ぶ時、「100%無添加」と記載があるものを選んだ方が猫ちゃんの健康にとっていいでしょう。カリカリ商品の中には、人工的な香料や着色を使って、猫の食欲をそそろうとしているものもあります。風味は確かにいいかもしれませんが、添加物がそれだけたくさん入っている事になるので、味も濃いめになり、長期で猫に与え続けていると不健康です。

 

毎日使っていく猫のカリカリだからこそ、無添加で身体に負担がかからないものを選んであげたいですね。原材料に魚や肉が含まれていると思いきや、素材そのものを使用しているわけではなく、ミールやパウダーなどにして粉末状にして配合している場合があります。これだと栄養価も半減してしまうので、できれば素材そのものをカリカリに使用しているものを選ぶと、栄養価が高いでしょう。

 

ちなみに「チキンミール」というのもよく原材料として入っていますが、ひどいものだと病死しているものの家畜から内臓や血液をとって入れている場合があります。これを愛猫に食べさせるのはさすがに抵抗ありますよね…。

 

グレインフリーのものを選ぼう

 

猫はもともと肉食動物なので、穀物は必須の食糧ではありません。しかしカリカリの中には主原料に穀物やとうもろこしを多く含んでいるものもあります。しかしこれらは消化不良を起こしやすいのであまりおすすめできません。穀物ばかり食べさせるのは猫にとってあまりおすすめではないので、できればグレインフリーのものを選んであげるといいでしょう。

 

猫がカリカリを食べない原因は?

 

おいしくて食べやすいはずのカリカリを、愛猫が食べないと不安になってしまいますよね。カリカリに口をつけないのには、何か原因があるからでしょう。それにはどんなものがあるのかご紹介してくので、猫ちゃんの様子を観察しつつ、ぜひご参考にしてみてくださいね。

 

単純に好みじゃないから

 

猫がカリカリを食べない原因で考えられるのは、単純に言えば「好みじゃないから」というケースが多いです。口に合わないのですね。しかし工夫する事でカリカリでも食べてもらう事ができるようになります。

 

猫がカリカリを食べてくれない時の対処法

 

ウェットフードばかり猫に与えていると栄養が偏ってしまうため、ドライフードも与えたいと考える飼い主さんもいるでしょう。しかし愛猫がなかなかカリカリを食べてくれない時は、以下のような対応をしてみてください。

 

・カリカリとウェットフードを混ぜてあげてみる
・カリカリの種類や味を変えてみる

 

【解説】

 

カリカリだけを食べさせたいのになかなか猫ちゃんがすすんで食べてくれない時は、種類を変えてみるのも有効な手段です。キャットフードには本当に様々な種類がありますよね。お肉や魚の味も商品によって違います。形状や餌の大きさもバリエーション豊富です。あれだけたくさんのキャットフードが揃っていたら、きっとその猫ちゃんにぴったりのカリカリもあるでしょう。

 

根気良く飼い猫に合うようなカリカリを探してみてくださいね。それでも猫ちゃんが好みのカリカリが見つからず、食べてくれない場合にはウェットフードと混ぜてみると食いつきが良くなる可能性があります。猫の食の好みは猫によって違います。カリカリを好んで食べる猫もいれば、嫌う猫もいます。カリカリが苦手な猫ちゃんに無理やりあげようとするのは控えましょうね。

 

猫に与えるカリカリの量は?

 

猫にカリカリを与える時、その量について疑問を持つ飼い主さんもいるでしょう。猫の健康管理をしていくためにも、猫に与える餌の量を把握しておくのは大事な事です。ドライフードはいったい一回につきどれくらいの量をあげればいいのか、迷ってしまう人もいるはずなので、ここでその目安をご紹介していきましょう。

 

カリカリの適量は猫の年齢によっても違う!

 

基本的に猫の餌は、その猫の年齢によっても目安が異なってきます。猫の身体の大きさに合わせて量も調節してあげましょう。基本的には、市販されているカリカリのパッケージには、年齢別に目安量が記載されているので、その指示通りに与えていれば大きな問題はないでしょう。ただしこの量は一般的な目安になるので、猫にあった餌の量を把握するには、一日必要な摂取カロリーを計算しておく事が大切です。

 

それではその計算量をみてみましょう。※猫の体重×カロリー

 

・子猫の場合→100カロリーで計算
・老猫の場合→60カロリーで計算
・よく動く大人の猫であれば80カロリーで計算
・あまり運動しない大人の猫なら70カロリーで計算
・妊娠中の猫→通常の2倍で計算

 

猫の餌の種類は

 

猫に与える餌の種類は豊富です。カリカリ以外もあるので、ここで確認しておきましょう。

 

ウェットフード
ドライフードの反対で、水分を多く含む餌です。カリカリには手をつけないのにウェットフードを好む猫ちゃんもいます。レトルトタイプと缶詰の二種類あります。猫の好みに応じて使い分けてみてくださいね。

 

プレミアムキャットフード
キャットフードの中で一番栄養バランスが良く品質がいいので、値段もそれなり張ります。原材料にこだわりを持っているので、一般的なカリカリよりも高めになってしまいますが、その分猫にとっては健康的でしょう。

 

カリカリ
乾燥しているので保存性がいいです。長持ちするでしょう。栄養バランスも良く、種類が豊富なので猫の好みに合うものを見つけやすいです。

 

子猫はいつからカリカリ食べれる?

 

子猫の時期は、カリカリをわざわざふやかして食べやすいようにしている飼い主さんもいるでしょう。あるいはウェットフードのみ与えている人もいます。どのタイミングでカリカリに切り替えればいいのか、悩みどころではないでしょうか?そこで今回は、いつからカリカリが食べられるようになるのか、タイミングの目安についてご紹介していきましょう。

 

生後4週間が終わってから?

 

子猫が生まれて生後4週間までは、ミルクをあげて育てていきます。それ以降から、カリカリやウェットフードを与え始めてOkです。しかしいきなりかたいカリカリをあげてしまうのは、子猫の身体にとって負担が大きいので、少しずつ慣れさせるためにもカリカリをふやかして食べさせるといいでしょう。そして徐々にドライフードに慣れてもらうと、やがてふやかさなくてもドライフードを食べてくれるようになります。

 

子猫がカリカリを食べてくれない!どうすれば?

 

子猫にカリカリをあげても食べてくれない事はよくあります。このような時にカリカリをふやかすと食べてくれる事があるので、ぜひやってみてください。それでも食べない場合には、そういう時期なだけであり、大きくなって食べてくれるようになる事もあります。

 

大きくなっても食べてくれない場合は、単純に嗜好の問題だと言えるでしょう。人間に好き嫌いがあるように、猫にも食の好みがあるので、この場合は無理にカリカリをあげようとせず、ウェットタイプのフードあげるといいでしょう。

 

大人になったからといってドライフードオンリーでなくてもいい

 

飼い主さんによっては、子猫が成猫になった途端、ウェットフードはいっさいあげず、ドライフードだけしかあげなくなる人もいます。しかし大人になったからといってドライフードオンリーがいいというわけではありません。ドライフードだけでは栄養が偏ってしまう場合もありますし、猫によってはドライよりもウェットフードの方が好みの場合もあります。

 

猫はカリカリと缶詰どっちが良い?

 

飼い主さんであれば、猫に与える餌として、カリカリと缶詰どちらにしようか迷った事があるのではないでしょうか?どちらも長所と短所がありますが、猫の好みによっても食いつきが違ってきますよね。健康面を考えたらどちらの方が猫にとっていいのかと、一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、缶詰とカリカリどちらがいいのか迷っている飼い主さんのためにも、二つが比較しやすいようにメリットやデメリットをご紹介していきましょう。ぜひご参考にしてみてくださいね。

 

缶詰の特徴とは

 

カリカリに対して、缶詰の餌は「ウェットフード」と呼ばれています。缶詰の中身には水分が多く、乾燥したカリカリタイプの餌と反対の性質を持ちます。

 

<メリット>
・柔らかくて食べやすい
・歯が悪い猫でも食べられる
・水分も一緒に摂取できる
・猫の好みやすい

 

<デメリット>
・カリカリより高め
・歯石がつきやすい

 

カリカリタイプの餌の特徴とは

 

カリカリタイプの餌は、一般的に「ドライフード」と呼ばれているものです。乾燥させているので保存性が高く、長期に渡って保存できます。水分量が少ないのでカビもはえにくく、保存性はバツグンでしょう。

 

<メリット>
・保存性が高い
・コスト削減
・歯石がつきにくい(かためだから歯に成分が付着しにくい)

 

<デメリット>
・水分補給としては適さない
・かたいから歯の弱い猫には不向き

 

水分摂取を優先するならウェットフードを

 

猫は腎臓疾患にかかりやすいと言われていますが、それは「水分不足」が原因で血液の流れが悪くなってしまう事も原因の一つです。猫はもともと砂漠に生息していたという事もあり、水がなくてもさほど困りません。そのため、猫自らすすんで水分摂取する事が少なく、脱水になりやすいです。

 

しかし脱水状態は腎臓に負担をかけてしまうので、猫の水分不足を補うにはウェットフードが適していると言えるでしょう。猫の好みの問題もあるので、嗜好に合わせてウェットタイプかカリカリか、使い分けてみるといいですね。